にしくぼ整体ブログ『深呼吸から始めよう』

三鷹駅北口徒歩8分、武蔵野市、三谷通りのカイロプラクティック院、にしくぼ整体です!

竜巻被害について

院長松田です。


先日9/2、越谷市、野田市での竜巻被害。



実は私の実家が直撃してしまいました



患者さんや、友人知人からほんとうにたくさんの連絡、声掛けしていただき・・・



ご心配おかけしました。




ロケットが突っ込んきたような勢いで仏間のガラスが2枚割れ、

外の物置が倒れました。

家自体は半壊全壊にもならず、無事。




そして両親も無事でした〜。




父はあと一秒竜巻が遅かったらガラスの餌食だったそうですが、切り傷程度で済みました。


母は和室にいたらしく、ホコリとともに、畳がブワブワ持ち上がったそうです。





翌日私が休みだったので、片づけの手伝いをしてきましたが2人とも元気でした。


いつものように、おまえのほうこそ元気なのかと。
こんな暑いのに走っちゃだめよ、栄養あるもの食べてるのか?とか(笑)。



そんな時も親は子の方が心配なんですね。



竜巻発生、台風、ゲリラ豪雨、9月10月はとくに警戒が必要な時期です。
ブログを読んでくださっているみなさまもどうぞ油断せず、明日は我が身!と思って日頃から備えて下さい!




まだまだ被災された皆様おられると思います。

一日も早い、復旧で元に生活に戻れます様お祈りしています。


松田

オトコは・・・



暑いのは気候ばかりではありません。



先日、尊敬する人生の大先輩にぼくの壮大なロマンを語らせていただいた。



大いに熱弁をした。



熱弁しているうちに色々と頭の中が整理されてきて、更にアドバイスももらいながら、もわっとしていたビジョンに輪郭が出て来た。





やっぱり口にするって大切だ。






若かりし頃、好きなのか微妙な女の子がいて、

その子に対する気持ちが如何に微妙かを友達に熱弁しているうちに、

「おれ、あいつが好きかも!」

なーんて事もあったっけ。


すでに固まった気持ちを確認する作業だったのか、固めるための作業だったのか。たぶん、固まっていたんだろうね。


ロマンだけだったから撃沈したけど(笑)





ロマンだけじゃなくて実現するために具体的な算段もしなきゃいけない。

もう家族を持ついい大人なんだから。



でもやっぱりロマンがないと面白くない。

人もお金も動かせない。



やっぱり・・・・・・・





男はロマンだ!


              院長松田



中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
トリガーポイント療法を受けるならにしくぼ整体
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体

子どもから学ぶ

久しぶりの院長コラムです。

先日、埼玉県羽生市のむさしの村に家族で行った際のあれこれ話を節操無くつらつら書きたいと思います。


むさしの村は規模も小さくて遊びやすい遊園地なので荒川遊園地並に遊びやすい!親はTDLみたいにぐったりせず楽ちんだし(笑)
ポニーにも乗れたり、遊具もあるし、夏はプールもありますよ。未就学児の子持ちの方は是非どーぞ!


で、むさしの村の良いところは農作物の収穫やイチゴ狩りもできるんです。

我が家はネギとほうれん草の収穫をやりました。

風が強く、気温も低くすさまじい土埃に背を向け目を細めながらの収穫・・・


娘、実は風が大の苦手。


2歳ごろかな、風で大事な帽子が飛ばされた経験をして以来、風が強いと頭抑えて怖がるようになってしまいました。

なので楽しいはずの収穫が親に無理やりやらされてる農作業の手伝い風に・・・帰りたいの連呼でテンション↓↓




子どもの時の記憶って楽しい事より怖かったことや痛かったことなどのネガティブな経験の方が鮮明に覚えてますよね。根が深いものはトラウマともいいますね。

私も大怪我したこと、川で溺れたこと、幼稚園で意地悪されたことははっきりと覚えています。


にしくぼ整体にいらっしゃる重症(若しくは重症と思い込んでいる)、慢性疾患の患者さんの多くの方が、このネガティブ体験を引きずり、がんじがらめになっています。


たとえば

・医療機関でずいぶん前に「椎間板ヘルニア」(の疑いも含む)と診断され、いま起こっている腰痛や坐骨神経痛がヘルニアによるもので、一生治らないのではないか?と、恐々と小さく生活されていたりします。

・ずいぶん前に転んで頭を打って以来、頭痛が多くなった気がして、一生治らないと思い込んでいる

・肩こりや腰痛、猫背などを親もそうだから体質なんだと思い込んでいる

・膝が痛いのは軟骨がすり減っているから、ヒアルロン酸注射をたくさんしたのに痛みが治らない。痛いから動かない。でも歩いてる時が一番楽。(すり減ってたら歩いたら痛いはずだぞ〜)




痛みや不調が身体が出すありがたいサインとは知らず、痛みを憎んでいるのは
ほんとうにもったいない。




痛みや不調がなぜ出るのか?




考えてみてください。



あなたは戸建てに住んでいます。
手抜き工事で躯体が傾いてきたわ、結露、カビがでるわ、スジカイが入ってないので地震で壁にヒビ・・・・

直しても直しても次の問題が出てきてキリがありません。


もうわかりますね。この家は土台から作り直す以外、すべて対処療法にすぎません。


だから生活習慣から来る慢性疾患や痛みを、例えば手品みたいに一瞬で取れたとしてもそれはその場だけです。
温泉で楽になる、クイックマッサージで楽になる、シップで楽になる、


大切なのは不具合が起きないように、起きても直ぐに対処して事なきを得るようにできる、普段からの心掛けなんです。



波のたたない海なんてないのです。それは終わりのない戦いを意味します。

大切なのは波を乗りこなせるようになること、なのです。





にしくぼ整体の目指すのは土台をしっかり作ったうえで、そんな大波小波を悠々と乗りこなすサーファーになってもらう事です。



あっ、ぼくサーフィンしませんが(笑)




子どもの風嫌いからだいぶ長くなりましたが(笑)




戻ります。

そーしてむさしの村での収穫をとっとと終え、帰ることに。

帰り路の途中、久喜市の宇宙科学館に寄り、インドアになった途端、調子が出てきて、

「こどもはかぜのこ〜!」

と一転、元気印に。おいおいっ!と夫婦で苦笑。


最後は自宅近所の銭湯に行き、露天風呂ではしゃぎ、水風呂で本日元気印最高潮に!

水の中ではしゃいで上がってくると


「からだがあったかい!」と。


いやいや寒いからと促し、お湯につからせると


「ここさむいからあっち(水風呂)行ってくる」と。


ほっほー。

水風呂にいる方が長かった位です。体温の上昇に対して湯温に差がなく寒く感じたんでしょうね。


子どもの交感神経の反応というか、血管の柔軟性はすごいですね。


※体は冷えると血管を収縮させますが、その後リバウンドで拡張するのでかえって血流がよくなり温かく感じます。
雪遊びで手の感覚がなくなるほど冷えると、その後、むずがゆくなるほど血が戻ってきますよね。あれも同じですね。
風呂上がりの冷水も汗を止めるので保温効果もあります。


ドイツでは風邪をひくと水風呂に入ると聞いたことがあります。
さすがにそれは日本人には合わないと思いますが(汗)



子どもを観察していると人間の本質、本能に忠実でいろんな気付きがあり楽しいです。

子どもが裸足で走る足の運びも実は合理的で人間的だったりするのです。

それについてはまた後日。。。



長文、最後までお付き合い頂き恐縮です。。松田





中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
トリガーポイント療法を受けるならにしくぼ整体
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体

ライブやりました。てへ

趣味のバンド活動。

先日草加のSOULBAR POOのバースデーイベントに参加させてもらいました。
9曲で一時間くらいやりました。(調子乗りすぎ)
いつも以上に楽しかったです。

3人でアコースティック風に始めたのに最後は6人で大盛り上がりでした。
ブルース、スイング、ラグタイムなどのオールドミュージックの雰囲気に日本的宴会ノリを混ぜた感じのスタイルです。
この説明じゃわかんないだろーな・・・


娘は演奏途中で爆音の中、爆睡です。こらこら

最高の仲間とアフターショット!

松田

人間性を磨く事以上に優先することはない


ぼくらの仕事は人間対人間の生々しい仕事です。

痛みをとって、はいさよなら。また痛くなったらきてね、という
症状だけと向き合うのでは足りないと思っています。




「まだ痛いけど良くなっている」

なのか、

「良くなっているけどまだ痛い」

なのか。


みなさんはどちらでとらえますか。



前者はポジティヴ、後者はネガティヴですね。


患者さんがどちらでとらえるかは、実は僕らの些細な言動、表情にも影響を受けています。


だから心を通い合わせ、信頼していただくことで、治療経過でポジティヴになってもらう事は大切なんです。


眉間にしわを寄せて「んんん、まだ痛いですか・・おかしいなあ」
なんて施術者に言われたら、どうです?

ぼくなら
「まだ痛みはあるけど○○はできるようになりましたね!」
とか
「ゆっくりですが改善していますね!」
と言われたい。



痛みの奥にあるその人の背景、生活環境、性格も含めて、受け止め寄り添い、少しでも前向きな気持ちになって頂けるよう心を通わせたい。




だから、我々治療家が人間性を磨く事以上に優先することはないのです。




院長松田

痛みとは


今日仕事終わりでスタッフ2人と近所のケーキ屋のおいしいケーキをつつきながら、ミーティング。
代替医療従事者として技術以上に必要なものがあるよねというまあいつもの話なんですが。

ぼくら施術者が理解してないといけない事があります。
それは、
患者さんの望みは必ずしも症状を取り去ることではないことを知ること。

痛みの原因が知りたい
痛みをわかってほしい
話をきいてほしい
日常から逃げたい


患者さん自身がそのことに気づいてないことも大変多いんです。


だから術者が患者さんからの「痛みを取って!」という叫びをストレートに受け止め、症状に執着すると・・・そうなると治療は失敗します。
相手にもそれが感応するので患者さんもますます症状に執着します。


患者さんのそうですね・・・99%がお悩みの症状を憎んでます。
医者にも見放され、情報の渦に惑わされ、あらゆることを試し、あきらめ・・・・。

痛みとか、違和感とか憎いですよね〜。


でも、


痛みを憎んではいけません。



すべては身体が出すサインでとてもありがたいこと。
サインを出さない身体はまずいですよ。それは非常にまずいです。

体のゆがみだって、鼻水だって、咳だって、熱だって、吹き出物だって、だるくてやる気が起きないことだってみんな身体がオートマチックにいまの状態をよくしようとする作用なんです。


痛みを憎まず、身体をさすりながらサンキューと言おう。
これができた人はもう半分くらい治ってます。

そして
今の自分と向き合い、身体のためになることをちょっとでもいいからしてあげよう。
身体にとって悪いことをひとつでも減らしてあげよう。

そんな気持ちのひとつひとつが貯金となって症状から解放されるのだと思います。

ぼくらは技術を使ってそれを伝えていければと思っている毎日です。


松田

震災元年を振り返って



2011年、震災元年大晦日。


色んな感情が沸き起こる。


ここまで自分なりにできる事を続けてきた。


家族、治療院には多大な迷惑をかけながらもいまだ優先順位をかえられず迷惑をかけている。


ぼくは恥ずかしながら、ボランティアというものを自発的にしたのは初めてだった。


やらされてはやれるようなものではない事はよくわかった。


そしてボランティアとは本来、本業や家族に迷惑をかけてまでやるものでは絶対にない事も理解した。




それはわかっている。




それでも何かに駆られるように課題や問題を見つけ、また被災地へ向かう。


ぼくはせいぜい行っても月2回、4月から数えて14回の被災地入り。


しかしながら物資集めの為のチラシ作り、アナウンス、回収、仕分け、情報収集、市役所への申請、報告、東京に居ても準備などでかなりの時間を割かなければならず、ほんとうにギリギリで大変な毎日だった。





小さな達成感も小さな満足感も、次の瞬間、あっと言う間に消え失せ、また無力な我に返る。




震災後からのモヤモヤ感は8ヶ月を過ぎ、消えるどころか増すばかり。わかってはいたけどね。






人は自分のために生きる。





誰かのために、なんて白々しい、内から沸き起こる気持ちに身を委ねたら、もうそれは自分のためじゃないか。




だからこれからもひたすら自分のために生きる。






初対面から気持ちが通じ合っている不思議なボラ仲間達。


被災地で歯を食いしばっている部落のみんな(いまでは大切な隣人や友達)


いっぱい迷惑をかけた治療院のスタッフのみんな。


こんなぼくに身を預けて笑顔までくれる来院者さん。


たくさんの支援をしてくれた地域の心優しいおじちゃんおばちゃんママさん。





いつもと変わらずそこにいてくれる大切な家族。





出会ってくれてありがとう。


ぼくはこれからもひたすら自分のために生きます。








みなさん、良い年をお迎え下さい。

来年もどうぞ、にしくぼ整体をよろしくお願い致します。


にしくぼ整体 院長松田



ジャズライブ

宮川です。

先日行なわれた、松田院長のライブを私と大森先生で観に行きました。
埼玉県草加市にあるソウルバー「POO‘S」の18周年との事で、色々なバンドが集まり18時30分からスタート!

松田院長のバンドが最初で、古いブルースやジャズが中心でカバー曲やオリジナルの曲を演奏!

おお〜〜〜
普段の院長と全然違うやん
かっこいい(惚れるな〜)

普段の院長

(こんな写真のっけてごめんなさい)
ライブ演奏中の院長

初めて、演奏を聴きましたがやっぱりいい声してます!
そして、ギターもうまい

私は、音痴&リズム感がないので羨ましい限りです。
そんな私も触発されギターの練習をスタート!
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓               
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓
               ↓


   
     ※よい子のみんなは骨格模型で遊んだらだめだよ


院長の次回のライブは未定ですが、また聞ける日を楽しみしてます。


宮川
中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体










kimimaro!


どなたか存じませんが、おとなりのコーヒー屋の常連さんからいただきました。

このほかも、たくさんのCD、衣類。ほんとうに有難うございます。




南三陸の皆さんへの手土産に最高。
綾乃小路きみまろのCD!
ていうか、隣なんだから直接持って来てくれればいいのに(笑)。

南三陸に持って行く前にと、営業終了してから、ビールを飲みながらきみまろ聞いて笑ってます。


このトークがあれば治療院もっと繁盛するだろな・・・


院長松田

恩師還暦祝賀会!

先月の26日の事をいまさらですが書きます〜。

私は高校時代陸上部で厳しい練習と上下関係に耐え抜いて笑いあり涙ありの充実した高校時代を過ごしました。

私は短距離で110メートルハードルという競技を中高通して専門でやってきました。
インターハイ予選、県大会決勝で6位入賞できず!北関東にも行けなかったんです。
持ちタイムだけは良くて全国ランキングは34位となかなかでしたが実績がつくれませんでした。2流ですハイ。


高校はスポーツ推薦で入学したので部活どっぷり。部活の思い出しかほぼありません。

でも最高の仲間と最高の恩師のおかげですべてが最高の思い出です。

その恩師の還暦祝賀会を新宿京王プラザにて盛大に行いました。


50名弱のOBOGが集まり、その半分くらい20数年ぶりの顔ぶれ!
みんな色んな人生歩んでいるのにそれっ!と集まると昔の先輩後輩のまま。
不思議なもんですね。厳しかった分ほんとに団結力が強くて、思い入れもみんな大きくて、なんだか感動しました。

これも一重に恩師への敬意の表れというと硬いですがようはみんな大好きなんです、恩師が。

そして高校陸上部時代が素敵な青春だったってこと。



どんな内容だったかは後輩のブログで詳細が載ってます。お時間あれば覗いて下さい。

祝賀会の模様
http://six-pack.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-375f.html

祝賀会余興の模様。タスキに思いをこめて!(松田スペシャルバージョン)
http://six-pack.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-8ce5.html


実行委員会打ち上げの模様
http://six-pack.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-767c.html



今回の開催は私が発起人なんですが、経緯がとてもびっくりなんですよ。


ぼくの担当させてもらっている長いおつきあいのBさん。
去年の11月でしょうか。
施術中の会話の中で、Bさんの無二の親友が、
なんと!
我が恩師の息子さんだという事が判明したのです。
夏の合宿でも毎年くっついてきていたので当然知っている息子さんです。
さすがに鳥肌立ちましたね。

そして色々Bさんから恩師の近況を報告して頂く中で、

恩師が脳梗塞を最近やったこと、
詰まったのが2回目だということ、
心臓も良くない状態なことをききました。

先生の息子さん曰く、冗談抜きで顔見るなら早めがいいかもしれない。とほんとにシャレにならない伝達を受け、これは早めに!と今回の開催に至りました。

高校は浦和、恩師の住まいは東村山、ここは三鷹。

こんな事があるんです。世間は狭い!

今回を機会に久しぶりの交流があちこちで始まっています。

8月の恩師の心臓の手術が無事終わったらまたみんなで集まるんです。

先生、無事ご帰還して元気な姿でお会いしましょう!


浦学陸上部最高!

松田



東日本巨大地震



東日本巨大地震。



言葉にならない思いです。



こんな事が日本で起こるなんて・・・




夢も希望もすべてを飲み込んだ津波、


跡形もなく消えた町、


一万人を超える行方不明者、




テレビを見ながらいまだに「これは映画なんじゃないか」と錯覚すら覚えます。




しかしこれは現実。受け入れ難いけど真実。




まだまだ余震も続きます。

正直、子どもをもつ親の立場になると、地震がほんとに怖いです。こんなに恐ろしいものだったかと感じています。(やっぱり来年からの保育園は近場にしたいと妻が言っていました。)

地震のエリアが広がってきてるのも気になります。



原発事故も最悪のシナリオにならぬよう祈るしかありません。





自分に出来る事を考え抜こうと思います。





まずは深刻な電力不足の問題。


地位毎に順番を決めて、計画的に停電させる計画停電も始まるようですが、日頃からの生活を改め、節電は徹底しようと思います。


車も控えて、自転車、徒歩で。

健康面にも一石二鳥です。




最後になりましたが、

震災で亡くなられた方々、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
一人でも多くの命が救われ、一日も早く笑顔が戻りますように。


院長松田




懐かしいメンツで・・・

最近、体重計に乗りたくない院長松田です。


昨日は高校時代の陸上部のOB、OGと7、8年振りに会いました。


今回は高校陸上部の元顧問である恩師が去年還暦を迎えたので、
沢山OB、OGを集めてお祝いの会をしようと思いたち、
連絡のつく数少ないメンツに集まってもらいました。





懐かし話でアッという間に終電逃しました(笑)。



実は、すーーーーーーーっごい厳しい部だったんです。(上下関係が)

だから高校を卒業するころには厳しかった反動で、すごい仲良くなるんですよ。

「先輩のケリ、マジ痛かった説教マジこわかったですよ〜」みたいな感じで。




なので苦楽を共有してる分結束力はすごいね。みんな熱いんだこれが。


もう熱いじゃなくてもはや暑い。




尊敬する顧問への気持がみんな同じなのでお祝い会はみんな眼を輝かせて「やろうやろう!」って。ほんと泣けてきます。





でも、大切な本題は電車に乗り込む前の数十分にギリギリ話せた位(泣)・・・。しょうがないね。懐かしすぎるから。




それぞれがどんな道を歩もうと、どんな立場になってても先輩、後輩、同期の関係は変わらないので、
皆で寄り集まるとなんだか昔と何一つ変わらず時が止まったみたい!



ほんとに良い時間だった・・・。




上腕ムキムキの彼は1つ下の後輩で現在は原宿ゴールドジムのカリスマトレーナー。
ブログ→ http://six-pack.cocolog-nifty.com/blog/
彼の大活躍を知ったのはつい最近。刺激を受けます!子育ても仕事面も超先輩。色々見習おう!!


松田



中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
トリガーポイント療法を受けるなら
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体






カイロプラクティックセミナー

ツイッターにハマり中。どうもこんばんわ院長松田です。


先々週の2月12日にカイロプラクティック講師としてセミナーを行なってきました。
場所はつつじヶ丘整体院

カイロプラクティックに加えて、加圧トレーニング、リラクゼーションなど幅広いニーズに対応している整体院です。

ここはなんと、にしくぼ整体出身の2人の先生が運営をしている会社の整体院です。

そのつながりで技術交流をして行こうよと声をかけていただき、第一回目としてありがたくも講師をさせていただきました。


当日はパーソナルトレーナー・整体師・フィットネスクラブの方々など総勢14,5名参加されていました。



初めての講師と言う事で緊張しましたが、参加者の皆様の真剣なまなざしにのせられ、力が入りました。


カイロプラクティックの考え方、目的、痛みの原因、施術の組み立て方などなどをざっくりと身振り手振りでお話をしてから

最後は実際に肩こりを持っている参加者の身体を借りて実演。

ここは肩こりもちの方に挙手してもらって問診から施術に入ったのですが、
この方、Gさんの症状としては僕らが臨床上、毎日お会いする『朝から晩までデスクーワークで、運動もろくにしてません。頭痛まで出ていて・・・』ではなかったですね(笑)。


そりゃそうだ。ここに集まっているのは毎日ワークアウトして身体を動かしているスポーツトレーナー方が大半。

なので、

松田   「お仕事はデスクワークですか?」

Gさん  「いえ、スポーツトレーナーです」
(理想の返事 「そーなんですよ」)


松田   「運動はされていますか」

Gさん  「はい」
(理想の返事「ぜんぜん。高校の体育の授業が最後です」)


松田   「自宅ではパソコンやテレビなどじっとしていたりしますか?」

Gさん  「いえ」
(理想の返事「かじりついてます」)

みたいなギャップ(笑)。

まあでも、コリ自体はそれなりで肩コリの関連痛の代表格の頭痛も再現して、実感していただけました。


しかし、伝えたい気持ちと、口から出る言葉がなかなか一致しない!反省です。
人に教えるのが一番勉強になりますね!チャンスをありがとうございました。
またお呼びいただけたら、トレーナーのみなさんがより実戦で活かせるものにしたいです。がんばります。



最後は僕のリクエストであるカンタンなエクササイズを代表の小笠原先生にご指導頂きました。
だれでもできるカンタンなものなので早速取り入れてます。ありがとうございました。


今回のセミナーの様子はつつじヶ丘整体調布みなみ口整体のブログでもレポートしています。是非ご覧下さい。



にしくぼ整体の当日の予約空き状況、健康ネタのつぶやき


院長コラム第1回『褒めよホメオスタシスを』

院長コラム第1回。

ちょっと固いですが身体の事を語る上での基本の“き”ですのでご勘弁を。。


みなさん、ホメオスタシスって聞いたことありますか?


ホメオスタシス=恒常性の維持


ムズカシイですね。簡単に説明すると

『身体の状態を一定に保つシステム』の事です。

環境の変化にかかわらず身体にとって一番ベストな状態を一定に保とうとしてくれるありがたいシステム。


特に体温調整。

暑い時は汗をかいて身体の熱を外に出して冷却させたり、

寒い時はぶるっとふるえて身体に熱を起こしたり、身体を強張らせて熱を逃がさない様にしたり。

感染症に掛かったら体温を上げて戦ってくれたりもしますね。
 (これは一定に維持、とは少し違いますが細菌と戦うためにベストな体温を自動で調整しています)


このように恒常性の維持によって知らず知らずにたくさんの恩恵を受けているのですがそんな優秀なシステムを低下させるものがあります。


西洋医学の“症状を抑える”という考え方です。


風邪を例に出して説明しましょう。

風邪をひいて、医者に行って薬を処方されますね。
熱が出てたら解熱剤、咳が出てたら咳止め、鼻水出てたら当然出さない様にします。
薬を飲んで目に見える症状がおさまり、さも治ったかのように見えますが、

そもそもホメオスタシスによって自然治癒力が発揮され自然に治るもの(治すもの)。

実は薬を飲むことで症状を長引かせている事だってあります。でも感覚的には薬で治った!と思ってしまいますよね。コワいコワい。

頭痛薬何かだと、薬が切れるとすぐ再発、また薬を飲んで、また再発して、その内どんどん薬が強く、頭痛の間隔も狭くなっていきます。

本当にしなきゃいけないのは薬で症状を抑えるのではなく、頭痛の原因である肩こりの解消なのに。。。

薬の考え方の根底は患者の目の前の症状を取る、苦しみを取る事にありますよね。

大義名分はすばらしいですが、

治ったかのような状態を一時的に作ることは真の解決ではないはずです。

身体が恒常性の維持のために一生懸命メッセージを出しているのにフタをしてしまう事を繰り返すと身体が治ろうとする力が弱まっていきます。

免疫力が下がり、代謝も悪くなり、風邪もなかなか治らない、傷の回復が遅い、便秘や下痢を繰り返す、アレルギーが強くなるなどなどあらゆる弊害が待っています。

身体のあらゆる反応は身体が良くなろうと必死でもがいている、大事な経過であって、妨げてはいけないのです。




まとめ

頭痛や熱、咳、鼻水は『結果』であって『原因』ではない

だから悪者扱いして抑えたりしない。真の悪者は『原因』にあり!

風邪の諸症状は身体が出してる大事なサイン。事情が許す限り、薬を使わず、ホメオスタシスを信じて自然に治すがベスト。

大切なのは症状を消すことではなく、症状の原因を知ること。そして原因に対処すること。



院長松田でした。

まつだのまつぼっくり

松ぼっくりを拾いました。



朝。拾いたては開いてます。





霧吹きで濡らします。







昼過ぎ。閉じてきました。








夕方。完全に閉じました。




みなさん知ってました?

まつぼっくりは天気の良い日は鱗片が開いて種子を出し、
雨が降ると種子が濡れないように閉じるんです。
閉じることで種を守っているんです。
生命の神秘ですね!


保育ママさんの患者さんに教えてもらいました。
この年まで知らなかったよーーーー!
子孫を守るための、この植物の不思議に驚かされます。



松田

院長コラムも始めます。

娘が最近、かーなーり久々のパパっ子モードになっていてちょっとゴキゲンな院長松田です。


院長コラム。


ブログ内で書いていこうと思います。皆さんから見たらただの記事ですがまあ、こうやってあえて謳うのは決意発表みたいなもんですね。マジメニヤリマス。ハイ。

記事はしばしお待ちを。



ぼちぼちと始めたツイッター。

ブログの記事の横に埋め込みました。

←←←

ブログを見るついでにちらっと見て下さい。

どこまで活用できるか未知数ですがいいものは変化を恐れずトライです。



今日は寒ーい一日でしたね。みなさん温かくして寝て下さい。


ちなみに

お風呂は温め(38度前後)なら20〜30分の長湯。寒くならない様に足し湯して。湯冷めしにくいです。

熱め(42度以上)なら長くても7〜8分で出ないと湯冷めがとてもはやいです(身体の放熱作用が強く働くので)。

血圧の高い方は熱湯は厳禁です!

松田

やっとマイケル。

マイケル・ジャクソン、幻のロンドン公演“THIS IS IT”。
再々上映のおかげでやっっっと観て来ました。

内容は、死の直前まで行われていた長時間に及ぶリハーサルを記録した映像を基に、今回のステージでクリエイティブ・パートナーを務めていたケニー・オルテガ自ら監督として幻の公演を再現する音楽ドキュメンタリーです。


観終えての感想は?


「とんでもない人が死んでしまった。」


この一言。


冒頭に出てくる出演のバックダンサー達のマイケルとこの公演に対する思い入れを感極まって話すのを観るだけでも一エンターテイナーの影響力を遥かに超越してしまっています。

映像の中のマイケルはとても謙虚でとてもチャーミングでした。
歌や踊りの独創性だけでも足りすぎるけど、あの人柄に触れたスタッフや出演者達はもっともっと彼の虜になるんだろうなあ。

最高のパフォーマンスで非現実の世界にファンを連れて行きたい。

そして輝く未来のために夢と希望を与えたい。

そんなマイケルの切望に全ての関係者が気持ちを添わせて作り上げる感動。

この公演がこんな形で発表された事が非常に残念でなりません。

と同時にあれがもし実現していたらと思うと鳥肌が立ちます。

私の回りの観た人達は例外なく賞賛の嵐で、そんなの聞くと人間、天邪鬼になるものですが
いやいや想像以上に良かったです。恥かしながらエンドロール中に嗚咽して泣いてしまいました。
最初から最後までマイケルの死に一言も触れてない事にも、いっそう気持ちを揺さぶられたなあ。

特別ファンではなかったですが、だから彼の凄さを初めて知るという意味では気持ちの振り幅が大きかったです。


マイケル安らかに






松田

ブルースリー!!

最近ペプシコーラについていたおまけのベアブリックの携帯ホルダー。
江頭2:50ではありません。




胸には宿敵ハンから受けた熊手の痕。

哀愁漂う佇まい,,,?

そう、燃えよドラゴンのブルースリーです。

ファンにはすぐわかりますが時々
ブルースリー


ジャッキーチェン

と混同してるフツツカモノがいます。全然違います。
自らの成功を知ることなく32才という若さでこの世を去り(しかも愛人宅で!)没35年経ても尚、老若男女生きとし生けるものに影響を与え続けるマーシャルアーツマスター(ちょっと言い過ぎ)。

ブルースリーは言いました。

「考えるな!感じろ!」
 Don't think! Feel!

感性で生きようぜ!って安易な意味ではなく、
何事においても徹底的に基本を体に叩き込んだあとは体が勝手に動くもんだぜ、という解釈ですな。
ありがたいお言葉です。

そしてこう続きます。

「心をカラッポにして
 水のように形をすてるんだ
 水はカップに注げば、カップの形になる
 ティーポットに注げば、ティーポットの形となる
 水は流れることもうつことも出来る。友よ、水のようになれ。

型にはまる事なかれ!というお言葉です。

誰よりも鍛錬を繰り返し、誰よりも貪欲に新しいものを探求し続けたブルースリー。
どちらの名言も共通のメッセージが込められています。
これはいかなる事においても当てはまることですよね。

『長生きしても人は満足しないかもしれないが、
充実した人生には満足する』
ベンジャミン・フランクリン (アメリカの政治家・科学者)

ブルースリーはおそらく志半ばで満足しないまま永眠しましたが彼の残したたくさんの遺産は光り輝いてぼくを導いてくれています。

ありがとう、ブルースリー。

ブルースリーオタク松田 

 | HOME | 

カテゴリー


最近のエントリー


最近のコメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


ブログ携帯版はこちら↓

http:// nishikubo.10.dtiblog.com/?m

にしくぼ整体携帯ブログ


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

予約状況などのつぶやき


つぶやき返したい方、質問がある方、フォローして下さい↓↓     

nishikuboseitaiをフォローしましょう


プロフィール

にしくぼ整体

Author:にしくぼ整体


リンク