にしくぼ整体ブログ『深呼吸から始めよう』

三鷹駅北口徒歩8分、武蔵野市、三谷通りのカイロプラクティック院、にしくぼ整体です!

集まれ!自転車好き達よ!!

新海です。


突然ですが、好きですか?自転車。

来る9/17(土)〜19(月祝)の3連休でこんな企画があります。


その名も「四国サイクリング2011〜いっとこ高知!四万十川を自転車で走る週末〜


コンセプトは自転車を通じて四国を知り、満喫しようというものです。


HPを見ても四万十川の綺麗な風景が広がってるじゃないですか!
実際に見たらこの何倍も綺麗なんでしょうね!


個人的には自転車もいいですが、
四国といえばうどん!!とかつお!!

見て下さい!このかつお!!



勝手にHPから引用しました(謝)
カツオのわら焼きタタキ!


間違えなく美味しい!
自転車を満喫した後に温泉につかり、タタキにお酒。
最高じゃないですか!


さあ、興味が出た方はこちらから早速エントリーしましょう!


http://cog-way.net/shikoku/entry.html




当院入り口のコルクボードにも張ってあります。
興味がある方はこちらも覗いてくださいね。



新海



中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体

ランニングその後

新海です。


ジョギングしてますかー?
私も変わらず週一〜二回のペースで続いてます。


さてこのマイジョギングブームに乗っかり、
何か大会にエントリーしてみよう!と企み中です。


いらっしゃっているマラソン好きの方に「RUNNET」というサイトを教えて頂き、

?開催時期:10月、11月の祝日
?距離:ハーフマラソン

この条件で開催されている大会をチェックすると・・・


既にエントリー終わってる・・・。
さすが世間はもっとマラソンブーム。
締め切りって結構早いのですね。
あとはやはり日曜開催が多い。
日曜日は参加は難しいんですよねぇ。


なので9月まで条件を緩めると、

9/23(祝)の南房総市ロードレース千倉

これしかありません。
なのでこれにエントリーしてみたいと思います!



今日はここまで。
また続きは今度に。



中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体

西久保→目黒→狭山


新海です。


当院にいらっしゃっている方がお引っ越しをされるという事で、
家電を引き取りに伺いました。

何のためかと言うと、
不要になった家電を被災地の方に送るためです。
冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器です。


6/5(日)18:30
後部座席もつぶして何とか積み込み完了。

18:45
宮川先生の隣の部屋のベランダに冷蔵庫、洗濯機を一時置かせてもらう。

19:00
目黒にあるアシル治療室に向けて出発
(当院も賛同してるふんばろうプロジェクトの関係治療院です)

20:30
カーナビに「目的地周辺です」と言われたが、
細かい場所まで分からず。
近くの人に聞くも分からず。

20:45
何とか治療室を発見し、炊飯器、レンジを預ける。
宮川先生に報告するとちょうど風呂上がり。
リラックスしてるねぇ〜。

21:00
もの凄い豪雨に襲われる


23:00
自宅到着


という感じでした。
一週間の終わりに知らない場所まで車で行くのはなかなかハードでした。
目黒って遠いなぁ。
しかしこれで現地の方々に少しでもお役にたてればお安いご用です。


不要な家電があまっているという方はご連絡ください。
また引き取りに伺います。

協力していただいたMさんには感謝です。



新海


中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体

南三陸と支援について

院長松田です。

今回ははじめて行った南三陸のレポートと支援について真面目に語ります。

内陸の栗原という所から車で移動したのですが海岸が見えてきたあたりから突然景色が一変。

海岸沿いは、一体見渡す限り全て壊滅。
これでもかというほどの破壊。言葉を失うほどの惨状。


地元の方曰く「どこからでも海が見える」と聞いてましたが、ほんとにその通り。
元の光景は知りませんが、海岸沿いは場所によっては跡形もなくながされて更地のようになってます。



驚いたのは沿岸のかなり高台と思われる場所なのに、基礎を残して家が流され、舟がひっくり返り、全壊の家の屋根の上にがれきがかぶっているのです。

ここはかなり高台↓


津波の高さ10メートル?

いや20メートルはゆうにあったのではないか。

津波は山を駆け上り、車を、家を、人を、さらっていったのです。

片足だけのサンダル、逃げるときに被ってたであろうヘルメット、衣類、やかん、未開封の醤油ボトル。時計。



2カ月経った今も、瓦礫とともに散乱していました。





現在の南三陸は電気とガスはどんどん復旧している状態です。

しかし水道の復旧率は1%(井戸水を使っているエリアもあるし、自衛隊からの水の支給は行き届いているので命の危険は脱しています)。

報道でもあるように避難所は次々と閉鎖され、泥出しの目処がついた自宅にどんどん戻り出している状態です。



ライフラインが復旧。我が家に戻れる。



これが何を意味するのか。


自宅に戻ると物資の支援がほぼ無くなります。
大きい避難所は大量の物資で潤い、余って処分するほどなのに、小さい避難所、個人宅にはなかなか回ってこないのです。
行政や自治体が機能してないのです。把握しきれないのです。役場が流された地域もあります。

マンパワーが足りない事とお役所仕事で融通が利かない事が大きな原因と言われています。

家が流されずに済み、自宅に戻れた被災者が炊き出しに顔を出すと心ない一部の被災者から、何でくるんだ、家があるくせにと嫌がらせを受ける事もあるそうです。


だから
ライフラインが回復すれば復興、家に戻れれば復興、
ではないのです。

むしろこれからが大変なのです。

被災者は収入がありません。
家も車も自転車も家電も日用品も何もかも流されました。

支援がないと生活費を貯金から取り崩して捻出しなければなりません。

これから先の要り様の時の為に、可能な限り物資の支援で生活を繋ぎ、いかにお金を使わないで過ごせるかが生きていく上で重要なのです。

支援しすぎは自立を遅らせるという意見もありますが、自立支援しながら、まだまだ生活支援もしなければいけない段階です。


物資でも義援金でも泥出しのボランティアでも

なんでも全く足りてないんです。



いつ届くかわからない大きな団体に寄付するなら、野菜や果物、缶詰め、レトルト、カップラーメンなどの食糧品、
洗剤、蚊取り線香、ティッシュ、自立支援の為の寄付などなど無制限に今、必要なものがたくさんあります。

行政を通すと断られる支援も通さないと途端に無限に必要だという事が分かります。

実行力のある、支援方法や支援団体はたくさんあります。


非被災地の日常は完全に戻り、徐々に震災報道も減り、どんどん風化していきます。

この惨状を直に見てない、被災者方と接してない多くのみなさん。

おそらくこの状況に身を置いた自分を想像できないでいると思います。


出来なくていいんです。
でも知る努力はすべきです。
そうするには少しでも震災に関わる事です。
絶対に風化させてはいけないにんです。
この先長いんです。


同じ日本人が困っているんです。



持ちつ持たれつ。
何かアクションを起こしましょう。

いつも通り消費する。節電する。時々小銭を募金する。
それも大切です。けれどそんな程度では被災地は復興しません。
そんな程度の気持ちでは何もしてないのと同じだと僕は思います。

だから少しだけ、
家族にさみしい思いをさせてしまうし、
治療院のスタッフにわがままを言うし、
患者さんにも色々支援をお願いするし、

でも今はそうやって支援活動をして行こうと思います。

息切れするから無理するなと言われますが、息切れした時はまた立ち止まって考えたいと思います。



この有事に何もしなければこの先きっと僕は何もしない。

今できる事は全てやる。


そんな強い決意で支援活動をしている尊敬すべき人達と共に。





リアス式海岸の美しい南三陸の海。海の青さも戻っていました。



 | HOME | 

カテゴリー


最近のエントリー


最近のコメント


カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


ブログ携帯版はこちら↓

http:// nishikubo.10.dtiblog.com/?m

にしくぼ整体携帯ブログ


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

予約状況などのつぶやき


つぶやき返したい方、質問がある方、フォローして下さい↓↓     

nishikuboseitaiをフォローしましょう


プロフィール

にしくぼ整体

Author:にしくぼ整体


リンク