にしくぼ整体ブログ『深呼吸から始めよう』

三鷹駅北口徒歩8分、武蔵野市、三谷通りのカイロプラクティック院、にしくぼ整体です!

七五三

久しぶりに親バカネタです。

先日七五三の写真撮影に行ってきました。我が子可愛さに目がたれ目のままの院長松田です。



お化粧しーの。


足開いて大物女優の如く。


夫婦で。


主役登場。


お色直しでドレスに。



妻の着物はお母さんが用意してくれていた新品で初めて袖を通したそうです。


そして娘の着物は、妻の七五三の時の物!


義母は10数年前に亡くなられましたが、きっと天国で喜んでいると思います。


万感の思いです。




幕末風に!生まれる時代を間違えた〜。

ちゃんとした記念写真は初めてでしたが、ハマりそうです。
そしてもう嫁に出したくなくなりました(笑)。

松田

被災地からのメールその2

昨日のブログに登場した被災者でもあり友人のピアノの先生からのメールもう一つ紹介します。
昨日のブログを受けて頂いたメールです。



〜〜〜〜〜〜以下メール(一部抜粋)〜〜〜〜〜

読みました…

涙が出ました…

松田さんは、よく考えてらっしゃるし、私達の気持ちに寄り添ってくださってると感じました。

正直な話、ここ2ヶ月ほどは、ボランティアさんに傷つけられる事が多かったので、特に嬉しかったです。

被災地の人は言います…しょせんボラはボラだと…

なんて悲しい言葉でしょう

でも良かれと、思ってしてくださった事が、被災地の誰かを傷つけてるのも事実です。

大局的に前を向いて行くのは、絶対に必要です。

でも心身共に個人差があるんです。

大義の為なら些末な事を切り捨てていいわけはありません。

私は、この半年間ボランティアの方を友達と、とらえて歩んできましたが、一度考え直しが必要と感じました。

そして、ある程度ボーダーラインを、ひかせていただきました。

友達とボラさんです。

そうしなければ寂しさや悲しさが増すばかりでツラいからです。


支援してくださった全ての人に感謝は忘れません。でも、これからは心の糸を結び絆と発展させていきたい方は選びたいと思います。


心の中でね…


うまく説明出来ず長いメールになりました。すみませんm(_ _)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


これはある一面にすぎないと思います。
切り口や被災者の立場が変われば違う意見も色々あると思います。


でも大船に乗っかって何も考えずに支援という善意に身をゆだねているボランティアは今一度真剣に考えるべきです。




自分への戒めも含めて誤解を恐れずに少しキツイ言い方します。



被災者が喜ぶ顔を見て「これは必要な支援だ!」と勘違いしてないか?


長い目で見て被災地の、被災者の為になるのか?


自分がしたいだけじゃないのか?


打ち上げ花火のような支援が去った後、被災地に何が残る?


この支援を継続していく覚悟はあるのか?




おれは迷惑ボランティアになっていないか?




松田

これからの支援に必要な事。

院長松田です。
8月は2回、9月は1回、南三陸町志津川に行ってきました。

今現在わたしは

・行政の行き届いていない生活困窮者への寄り添うような支援
・集から個へ移行していく中での新たなコミュニティ作りの支援
・ヒアリングを続け、本当に必要な支援、応援する手段を見極めながら活動すする

この3つを意識して現地入りをしています。




そして支援先を自宅避難者にしぼり、活動をしています。




それには理由があります。

南三陸では8月で避難所から仮設住宅への入居がほぼ完了しました。
ボランティアの目がいっせいに仮設住宅に回りました。、
それはそうです。仮設の方々は家が流されて帰る場所がないんですから。




でも・・・でもなんです。
国や行政の対応全てにおいてそうですが、


家があるか、無いか


で大きな線引きをしています。そして、残念ながら支援するボランティア、団体にとっても、それがひとつの基準になってしまっています。




だからいま、自宅避難者が支援対象から外れて取りこぼされています。




被災者の置かれる状況は様々です。

自宅が残っても半壊。微々たる見舞金で大がかりなリフォームが必要。

自宅は無事でも仕事は無くなって収入源がない。

自宅は無事でも家族が津波で行方不明で孤独になっている人。

自宅も仕事も家族も無事でも住み慣れた町が壊滅して喪失感に襲われてる人。


そして、福島に住んでいる人、住んでいた人、放射能の問題で大変な思いをされています。




この震災は家がある、ない、では絶対にないのです。



どうしても大きな団体の大局的な動きには、それぞれの事情が違いすぎる自宅避難者への支援はマッチしにくいし、
把握できるわけもなく、必然と仮設に支援が回ります。
兎にも角にも、自宅避難者には支援が非常に行き届きにくい現状があるのです。



私自身にしても、月に1,2回行く程度ですので全てを把握できません。

しかし、私のアドバンテージ、でもないですが、

毎回、同じ地域に繰り返し腰を据えて関わってきました。

被災地の状況を私が把握できなくても把握している現地の人たちと強く繋がり、
それを頼りに支援の道筋をつける事が出来ています。


でも以前のように物資の運搬が目的ではなく、物資は手土産

という感覚になっています。

なぜなら、被災地の人々が本当に必要としているのは

モノではないのです。



孤独や喪失感を埋める何かが欲しいのです。

人によってそれがモノであったり、コミュニケーションだったり、マッサージだったり、労働だったりするのです。

一個人の力ではなかなか雇用まで生み出す事はできませんので、ここはとても悩ましい所ですが、


ボランティアが支援活動に行くのではなく

「手土産(支援物資)を持って友人、親戚に会いに行く(コミュニケーション)」

という感覚になってきているのです。


寄り添うように友達に共感し泣き笑い、被災地の復興を願い、一緒に歩み応援する。そんな感じなのです。



被災地の大きなニーズは今や自立支援です。
だからモノの運ぶだけでは駄目。それはその通りです。
心が入っていない、心がみえない支援は被災者を駄目にするでしょう。
それもその通りです。


でもそれはボランティアとして関わるなら。の話です。

個人が個人とつながり、小さくとも細く長く関わりあえればと思っています。


最後にわたしが5月にとある避難所で初めて会って以来、ずっと関わり、僕に代わって現地で動いてくれている友人からのメールを許可をもらったので一部紹介します。

※秋冬衣類と食料品の支援物資の配り方など全部この友人に任せ託し、東京に戻ってきたあとに頂いたメールです。ちなみにこの人はピアノの先生です。


このブログを読んでくれた皆さんが何かを感じてくれると嬉しいです。


?今回の物資は初期段階で富谷町に引き取られた友人の、ご両親に多く持って行くように配慮しました。

国や県、町からの補償金位は貰ったようですが、それ以外は何も届かない状態でした。

仙台の近くですし、買おうと思えば何でも買えるのでしょうが、あえて差し上げました。


なぜなら心が折れかかってるからです。


娘さん夫婦に引き取られ知らない土地で暮らすのは寂しい事ではないでしょうか?

自宅も取り壊され寂しい思いをしてる人に南三陸から物資が届けば少し元気になるかと考えました。

遠くに住んでても忘れないし繋がっていると、口では言ってても何か形になれば…と考えてたので松田さんの運んで来てくださったものは、大変有り難かったです。

あとは自宅に戻られた○○さん、生徒の家に渡し、うちの両親もいただきました。ありがとうございますm(_ _)m


・・・・・・月曜日に炊き出しが、あったのですが、寝たきりのおばあちゃんのご家族も本人も誰も、もらいに行きませんでした。

被災者にもプライドもあるし、家が残った人、なおして入る人、何もない人、新築する人など、個々の事情も違うので難しいです。


自分自身も迷いの中にいるので、なおさらです。


でも私達の取り組み()自宅避難者支援)は間違ってないと思います。

大きな事をしようとする人たちがいますが、それはそれです。

取りこぼしがあったり誰かが傷ついたり…意味が分からない事も多いです。

私は小さな事を自分の出来る範囲でコツコツしたいです。


そのチャンスをくださってありがとうm(_ _)m "




松田


大山登山

大森です 先日神奈川県の大山という山に行ってきました。
伊勢原市、秦野市、厚木市の境にありまして関東百名山のひとつになっています。
標高1300メートルで、急こう配なのが特徴でした。

スタート地点です。いきなりかい!!って位の急な階段です。

夫婦杉 という杉の木で、ちょうど山頂までの中間地点です。樹齢何百年の貫録がありました。


分かりにくいのですが、遠くに冨士山があります。昔はこの場所に茶屋がありまして
旅人の憩いの場だったそうです。

今回一番おどろいたのは一緒に登ったベテランのY君の首・足に合計12キロのオモリを装備し
たにもかかわらず、ふつーに登っていたことでした 彼曰く大山は剣山登山前の練習との事でした。



中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体

自分へのお手当、しませんか? 『チャリティ セルフケア会@むさしの』

にしくぼ整体が参加している東日本大震災支援プロジェクトCEJ「cure east japan」
は被災者やボランティアを支援するプロジェクトです。
簡単に説明すると

被災者様
現地へ派遣された職業人の方(自衛官、消防隊員、警察官etc)
各種ボランティア様(現地入り・それ以外問わず)
を対象に参加治療院にて初回のみ無料にて施術させて頂きます。

というものです。

最近はメンバーで被災地入りしたり、ボランティアを集めて合同ケアをしたり、東京で遠隔避難者対象に合同ケアをしたりと積極的に活動しています。
この度、地元武蔵野市でケアを開催しますのでご案内します。
奮ってご参加ください。ボランティアはしてないけど興味がある!そんな方も大歓迎です。ただし、お志をよろしくお願い致します。
カンパは当プロジェクトの活動資金に遣わせて頂きます。
詳細です↓


7月に練馬で開催して好評だった、チャリティセルフケア会の10月開催が決定しました

ご自身の体調を整え、健康向上・維持のために一緒に学んでいきましょう

今回も2回開催です。

(前回の様子はコチラ ⇒ ◎チャリティ・セルフケアの会@練馬



自分へのお手当、しませんか?
『チャリティ セルフケア会@むさしの』

■日時/講座
【その1】
10/2(日) 13〜17時 (申込:9/29(木)まで)
 1【かんしんのじかん】
 2【氣の手当法】

【その2】
10/9(日) 13〜17時 (申込:10/6(木)まで)
 3【ひとりで操体法 3つのパターンでセルフケア】
 4【テニスボールを使ってセルフケア】

■定員 各30名

■料金 無料

■場所
武蔵野総合体育館 3階研修室(和室)
(東京都武蔵野市吉祥寺北町5-11-20 )

■アクセス
・JR中央線・中央総武線 『三鷹駅』 北口より
  関東バス(北裏行、武蔵関行、田無橋場行) → 『武蔵野市役所前』 徒歩2分

・JR中央線・京王井の頭線 『吉祥寺駅』 北口より
  関東バス(柳沢駅行=武蔵野市役所経由) → 『武蔵野市役所前』 徒歩2分
  ムーバス(北西循環) → 『33 扶桑通り』 徒歩5分

・西武新宿線 『武蔵関駅』 より
  関東バス(三鷹駅行) → 『武蔵野市役所前』 徒歩2分

■ご予約・問い合せ
担当: 米内山(よないやま)
メール: yyt@terra.dti.ne.jp  
電話: 090-2531-7630

氏名/住所/電話番号/ケータイ番号・アドレス/希望日をお知らせください。


◆◆ 講座内容 ◆◆

●1【かんしんのじかん】
松本 智子
(まつもと ともこ/と整体 )
http://www.toseitai.com

整体のはじまり、「気の感応」を実感し、実践する時間です。
この時間でみつけた関心をぜひ持ち帰って、日常生活に活かしていただければ幸いです。
冬に向けての体の準備と、入浴法、温法もお伝え致します。


●2【氣の手当法】
米内山 幸孝
(よないやま ゆきたか/よないやま氣圧法研究所 )
http://www.terra.dti.ne.jp/~yyt

子どものころ、お腹や頭が痛いとき、お母さんやおばあちゃんが、そっと手を当ててくれて、痛みが和らいだ経験はありませんか? 
そんな温かな氣持ちの伝わる手当法。今回はご自分で出来る手当法をいろいろ・・・


●3【ひとりで操体法 3つのパターンでセルフケア】
川名 慶子
(かわな けいこ/川名操体治療室 )
http://www.k-sotai.com/

操体法は、からだをラクな方、心地よい方へと動かして、ゆっくりとととのえます。
からだが元々持っている治す力を引き出す方法で、こころとからだをほぐしませんか。
今回は3つのパターンをピックアップしてみました。様々な動きの核になるような操法です。
シンプルだけどその奥にあるからだの法則を体験してみてください!


●4【テニスボールを使ってセルフケア】
小出 葉子
(こいで ようこ/ピラティススタジオ・リム )

ピラティスとは身体のコアとなる奥深い筋肉を鍛え、身体のバランスを整えることで、心身の健康をめざすエクササイズです。そのためには、まず身体から余分な力を抜き、リラックスしましょう!  
使い古しのテニスボールを使って足の裏で踏みながらコロコロしたり、お尻や肩が 「かゆい熊さん」になって、壁にボールをはさんでコロコロこすりつけたりして、固くなった筋肉をゆるめます。
いつでもどこでも気軽にできるセルフケアを試してみて下さい♪

色んな種類/療法のセルフケアが同時に学べるのは、CEJ主催ならではですよ〜

ご家族・ご友人お誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください。



松田

ありがとう

9月も半ばだというのに、この猛暑に少々バテ気味の猪ノ口です・・・
皆様は夏の疲れなど出ていらっしゃらないでしょうか?


ブログもすっかりご無沙汰してしまい、他の先生達に呆れられるほどアナログ人間の私は、ブログの載せ方もすっかり忘れてしまっています!!!
  
「これをアップして下さい」
  「?アップって何ですか???」

から始まった‘新海先生のパソコン教室’も新海先生の退職で終了し、覚えの悪い猪ノ口生徒から解放された先生の代わりに、次に犠牲になるのは・・・松田先生かな?宮川先生かな〜〜〜?
よろしくお願いしま〜す!!




・・・ご無沙汰している間に、また1つ歳をとってしまいました・・・普段なら、もういい加減、誕生日が恨めしい歳なのですが・・・今年は違います。なぜって、この数字をごろ合わせすると、この7年間、私が大好きな人の名前になるからです(笑)


先日新宿で、友人と一緒に、生前の彼の想い出に思い切り浸ってきました・・・


これまで日本を中心に公演された数々のコンサートが編集されたフィルムを鑑賞し、彼が好きだったお店で、彼が必ず注文していたというメニューを選びました。
これがその、新宿中村屋のスープカレーです。程よい辛さにじっくり煮込まれてやわらかい鶏肉、野菜もたっぷりで、あっさりしながらも食べがいのあるセットです。


そしてこれは、ウィンドウに飾られたサイン、見つけた時は思わず叫んでしまいました!




その後高島屋で催されていた展示会に行き、彼の愛用品、私服、バイク、自転車、ギターやキーボード、贈られた賞の数々・・・メガネや免許証、パスポート、幼少時代の絵に至るまで、彼が生きて、ちゃんと存在してくれてた証に少しでも触れられた事に、涙が止まらなくなりながらも今は幸せを噛みしめています・・・

中でも印象深いのは、プロ並みの腕で残してくれたアフリカの写真の数々です。チャドという地は、‘アフリカの死んだ心臓’とも表現される程劣悪な環境、死が日常という生活の中で人々が生活をしている所です。彼はそこを何日も訪れ現地の方たちの声に耳を傾け、今本当に必要な事は、何かを考え、昨年現地の子ども達の為に学校を設立しています。

レンズの向こうに映った子どもたちの笑顔からも、カメラをむけていた彼の温かさが伝わってくるようでした・・・





人柄がそのまま伝わってくる温かな歌声、ここ数年の確かな演技力で見せてくれた、俳優としての様々な表情、家族に対する愛情の深さ、日本の事をとても愛してくれ、ファンを大切にしてくれた心、そしてチャドの子どもたちへの温かな心・・・
ヨンハくん、あなたを大好きでいる事を、今、心から誇りに思います。
   カムサハムニダ、ポゴシポヨ・・・
          





猪ノ口



中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体



静岡 東照宮

宮川です。
9月の中旬になりましたが、暑い日が続いてますので熱中症に気をつけて下さいね。


先日休みの日に、静岡にある久能山東照宮に行ってきました。
徳川家康は亡くなる時に、「久能山に埋葬してくれ」と家臣達に常々伝えてあり、二代将軍徳川秀忠公は久能山に徳川家康公を祀る神社を造営することを命じたとされます。
去年の12月には国宝に指定され、建物も400年もの間そのままの形で残されてます。

さて、お金(入場料500円)を払い門をくぐると家康公の手形がいきなり出現!


意外と手形は小さく私よりも一回り小さかったです。
年齢 38歳
身長 155?
体重 60?

ちょっと、メタボリックかな?


階段を上ると本殿がお出迎え!


色の遣い方が斬新です。
昔の韓国や北朝鮮の建物の作りが似てますが、関係あるのかな?

本殿を横から激写
どの角度から見ても素晴らしいです。



本堂の脇から階段を上ると家康公が祀られてる所が現れます。




家康公は名古屋が出身で、西の方向を向いてます。
たしかに、久能山から見る景色は素晴らしく、家康公が気に入ったのも頷けます。
日光や関西方面の東照宮は行った事がないので時間がある時に行ってみようと思います。


一代目、宮川家康より



中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体












台風12号

台風12号による被害に遭われた方々に、
心からのお見舞いを申し上げます。
土砂ダムが緊張状態で予断を許しません。
これ以上被害者が出ない事を祈ります。
微力ですがツイッターでの情報拡散や、物資支援していきます。
ツイッターされる方は下記アカウントをフォローお願いします。

東紀地方の自治体公式アカウント。
三重県紀宝町→ @kiho_town 
和歌山県那智勝浦町→ @nachikatsuura 
和歌山県新宮市→ @Shingu_City
奈良県十津川村→ @totsukawanokoto 
台風被害、インフラ復旧情報はここに集約、発信されます。

よろしくお願い致します。

松田

ヤモリ、私は大森

私 大森が飼っていますヤモリの成長記録を今後何回か公開させて頂きます

名前は 「ロボ」体長9センチの女の子です
(動きがロボットみたいなので)


生まれて初めての脱皮の準備に入ってきました
全身が白い皮に覆われて動きにくいのか少しイライラしてます


お腹は真っ白 頭以外はうろこで完全武装しています
(敵に捕まった時にうろこをはがして逃げる為)


何とか頭だけ脱皮成功!!
この後一晩かけて脱皮終了しました

ビックリしたのがその後自分の皮を全部食べちゃいました
(食いしん坊にも程が・・・)

私も、早く超一流のカイロプラクターになる為に脱皮しま〜〜〜す。



中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体


小田急線

こんにちわ 大森です


 僕は神奈川県の藤沢市という所から通っているのですが、先日乗った小田急線が藤子不二雄作品のオールペイント電車でした。

 外装はもちろん、釣り輪・中の広告 全てが藤子不二雄作品でした。あまりに可愛い電車なので小さいお子さんは降りたく
 ないー!と泣いている場面が印象的でした。







平成のパーマン現る!


中央・総武線三鷹駅、西東京市・武蔵野市エリアの方の整体院
赤ちゃん連れでも安心 託児所とも提携してます
大川カイロプラクティックセンター にしくぼ整体







新潮45読んでみてね。

新潮45という月刊誌に
私の活動母体である「小さな避難所と集落をまわるボランティア」の発起人であり、
私を誘い導いてくれた引地達也さんの記事
“宮本常一の「落ち穂拾い」に導かれて”が掲載されています。

http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/newest/

個人が個人と繋がりを持ち寄り添うように被災地と関わり続けていく活動が克明に描
かれています。
興味のある方、是非ご一読を。
活動してみたいと思った方はご一報を。

松田

9月お知らせと新海(元)副院長について。

9月になりました。
不安定な気候の中、体調がいまいちすぐれない、、そんな方が多かろうと思います。

すぐれない⇒動かない⇒もっとすぐれない⇒もっと動かない⇒悪化

身体を動かさないと神経伝達がうまくできなくなり、自律神経のバランスの異常も引き起こし、
心身ともに調子を落としてしまいます。

こんな悪循環をにしくぼ整体で断ち切れます。

みなさんが自力で動くよりはるかに効率よく全身を動かしやすくしていき、姿勢も良くなり気分も良くなります。

動きやすい⇒動きたくなる⇒動いてスッキリ爽快!⇒姿勢もよくなり気分も上々⇒笑顔になる⇒良く寝れる⇒目覚めが良い

どうぞ実感して下さいね。


天候なんて、そんなの関係ねえ〜(古っ!)



9月は19(月),23(金)が祭日で休診となります。

よろしくお願い致します。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新海副院長が8月をもちまして退職いたしました。

3年に渡り、僕らとともにフル回転で働いてくれました。
僕個人は新海とは他の治療院でも一緒に働いてた事もあり、くされ縁です。

新海のすごい所は、もちろん腕もいいのは言うまでもありません。でもそれ以上に患者さんにとってとてつもなく居心地のいい存在になれる事です。
これは簡単ではありません。持って生まれた彼の本質です。

決して個性的でアクの強いタイプではありません。一見無個性にもみえるかもしれません。
でもだからこそ患者さんが主役になれて、脇役に徹したサポートがなし得るのだと思います。
新海先生にはなんでも話せる、そんな方々が彼を支持していました。


(ぼくなんてアクが強いから得手不得手あるし、全く合わないと思われる患者さんもきっといますからほんとにうらやましいです。)

彼からは沢山勉強させてもらいました。
ほんとうにありがとうといいたい。

きっと吉祥寺という超激戦地区でも生き残る事ができるでしょう。

最後になりましたが、
いままで新海をご支持頂き、通って頂いた皆様。感謝いたします。
今後ともにしくぼ整体で引き続き、責任もってしっかりとメンテナンスさせて頂きます。
地域のかかりつけ院としての役目を全うする所存です。
どうぞ安心していつも通り、お越し下さいませ。
お待ちしております。

にしくぼ整体 院長 松田孝司

 | HOME | 

カテゴリー


最近のエントリー


最近のコメント


カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


ブログ携帯版はこちら↓

http:// nishikubo.10.dtiblog.com/?m

にしくぼ整体携帯ブログ


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

予約状況などのつぶやき


つぶやき返したい方、質問がある方、フォローして下さい↓↓     

nishikuboseitaiをフォローしましょう


プロフィール

にしくぼ整体

Author:にしくぼ整体


リンク